家の模型を持つ人

犯罪を防ぐ効果のある監視カメラを設置|身を守る手段

防犯対策に効果的

防犯カメラ

防犯カメラを設置すれば、24時間365日監視を行ってくれる為、万が一の事態が発生した時も鮮明な映像を残せます。防犯カメラや大きな衝撃や水などに弱い特徴があるので、使用する時は気をつけながら設置や使用をしなくてはいけないです。

安全対策に必要な製品

女性

近年、一般家庭でも防犯カメラによるセキュリティ対策をされています。いたずら防止や空き巣対策、ストーカー対策、犯罪者の撮影などが可能で、価格もリーズナブルな点が人気です。設置するなら、広範囲や夜間撮影、録画システム、遠隔機能など様々な特徴を兼ね備えた製品があるので、目的と用途にあわせて設置しましょう。

防犯体制を築く

男性

そこにあることが重要

現在は、情報社会ということで、道端には多くの監視カメラが設置されており、何かの犯罪があった場合、目撃証言同様に、監視カメラの映像が捜査に使用されていることは、周知の事実になっています。その周辺の映像はもとより、道路を走る車の痕跡から、犯人の足取りを追うことさえできるようになっており、その重要性はますます高まってきています。一方で、身近などこにカメラが設置されているかは把握できている人はそれほど多くなく、人によっては、まったく映されていることに気が付いていない場合もあります。人は、監視カメラが設置してあるということ自体に対して、見られているという感覚を持つようになっており、監視カメラを設置していることが防犯に役立っている場合もあります。

抑止力として

人が監視カメラに抱くイメージを利用して、犯罪の抑止力に活用している場面を見ることがあります。実際、高速道路では、スピード違反の車の映像を捉えるためのカメラが設置されていますが、すべてが稼働しているわけではありません。それでも多くの人は、そこにカメラがあるからこそ、スピードを守って走ろうという心理が働きます。本来、監視カメラの開発のきっかけは、犯罪の瞬間を捉えることを目的とした面が少なからずあるものの、実際には、監視カメラを設置することで犯罪を起こさせない社会実現に大きく貢献しているところがあります。事件が起こった後にその映像を確認することが目的ではなく、監視カメラとしての能力の高さにより、犯罪を抑止することにつながることが、より適切な使用用途と考えることができます。

外出時に家を監視

婦人

家の中に監視カメラを設置すると空き巣を防止することができます。スマホやPCと連動している監視カメラだと外出時にも便利です。簡単な操作でどこにいても家の中を監視できるため、外出時にも安心することができます。